フローチャート、手順

ジェネラティヴデザインは 「ジェネラティヴ」になりきらない場合でも「手続きを経て形を作る」 ということを認識する必要があります。 その上で各プロジェクトの生成手順を考えてみてください。 chart1.pdf chart2Read More »

  • フローチャート、手順 はコメントを受け付けていません。

L-Systemについて

L-System     フラクタル を記述できる方法のひとつ 形式言語 チョムスキー階層 元祖サイト algorithmicbotany.org ”The Algorithmic Beauty of Plants” 単Read More »

  • L-Systemについて はコメントを受け付けていません。

課題2 tips – 1

デザインの方向性 天板(テーブルの平らな板)を支える、という前提条件に フィットしそうな形の生成 天板を支える構造をデザインする? 外形は決めておいて、表面のパターンなどをデザインする(ファサードエンジニアリング)? 形Read More »

  • 課題2 tips – 1 はコメントを受け付けていません。

2015年 講座スタート 10月5日(月)

コース紹介 講師紹介 事例紹介 Rhino / Grasshopper の基本操作 ブログ登録 Ghpython 基礎 ジェネラティヴ とは? ジェネラティヴ な表現? ジェネラティヴ デザイン? メールアドレス登録・出Read More »

  • 2015年 講座スタート 10月5日(月) はコメントを受け付けていません。

L-Systemの強さ

複数 multipuleの書き換え rewriting ルールを同時に parallel (対語 sequentially 順次) 行う 、というL-systemの規則が強烈。同時に書き換えるということは、生物学上の振るRead More »

  • L-Systemの強さ はコメントを受け付けていません。

教科書

読破する目的ではありません。とっつきにくいかもしれませんが、トピックはこの元祖本から持ってきます。 ”The Algorithmic Beauty of Plants” ダウンロードして、各自自分のドライヴに保存・持ってRead More »

  • 教科書 はコメントを受け付けていません。

このワークショップで扱う内容

理論に触れる (論文を読む) プログラミング(python) 設計(CAD, rhinoceros) プロダクション技術(rhinoceros, NC:Numerical Controlなど) ドキュメンテーション (各Read More »

  • このワークショップで扱う内容 はコメントを受け付けていません。